エネルギーと電力のマイクロ貯蔵

ITEN は再充電可能な多層固体リチウムイオン・マイクロ電池を SMD 構成分の形態で開発し、製造します。そのような固体 3D マイクロ電池は、全固体で、各々が数 µm の薄膜層の積み重ねで構成されています。
ITEN 乾燥リチウムイオン 3D マイクロ電池の重要な利点の一つは、添付チャートで示したように、高い体積エネルギー密度に到達可能なことです(出典: Journal of power sources, 282, 2015)

「ムーアの法則」は現在では物理的限界に達しており、電子業界は積極的に電力消費の削減とさらなる小型化の代替法としての長寿命マイクロエネルギー貯蔵方法を求めています。

電力バックアップと電力損失保護のためのマイクロエネルギー貯蔵はまた数十億ドルのビジネスの機会をもたらします。回路基盤上の全 RTC(実時間クロック)、SRAM、DRAM、SSD 装置にとって重要であり、データ貯蔵の継続的成長に必須です。

一次コイン型セル、超コンデンサがあまりにも大型化しているにも関わらず、数 μAh 容量のマイクロ電池は電力を確実にバックアップするために十分なエネルギーを貯蔵します。 接続装置に関して、マイクロエネルギー貯蔵はまた重要な問題を提起しました。

コイン型セルは再充電できず、または寿命サイクルが短かく、IOT センサーに十分な電力を保持しません。超コンデンサは厄介で、自己放電が高く、カレンダーエージング性能が悪く、これらの装置すべてが、統合に高コストの特定製造ステップの追加を必要とします。

そのため、これらの数十億ドルの価値のあるアプリケーションがグローバルなスケールで成長するためには、極度に小さく価格効率の良いエネルギー貯蔵装置が重要です。